外壁 左官工事

■ 他の素材と組み合わせて、優れたデザインを実現

古くからお城や民家の外壁に使われてきた塗り壁。
明治以降に洋風建築が建つようになると、レンガやコンクリートの下地にモルタルを塗った、新しいスタイルが登場するようになりました。

スパニッシュ調のオシャレな外観はもちろん、サイディングやタイルをアクセントとして組み合わせるなど、さまざまなデザインを楽しむことができるのが、その特徴。
日差しを遮断する効果があるため、断熱性が高く、また下地材の上に土や漆喰を何層にも塗り重ねるというその構造から、防音性にも優れています。

■ 外壁左官工事のメリット

【1】防火性に優れている
無機質不燃材である、天然の土や砂を主成分としているため、防火性に優れています。

【2】手作業により自由なデザインができる
表面の仕上げ方次第でさまざまな表情を演出でき、手仕事ならではのあたたかみを感じられます。

【3】天然素材もあるため、環境に優しい
最近ではモルタルだけでなく、漆喰・珪藻土などの天然素材を使った外壁も人気です。

【4】ひび割れなどの補修が容易にできる
ひび割れは雨漏りなどを招きかねませんが、容易に補修可能です。お早めにご相談ください。

■ 主な外壁で用いられる工法

□コンクリート下地セメントモルタル塗り工法
□セメントモルタル薄塗り工法
□ラス下地セメントモルタル塗り工法

【代表直通】 090-9106-1064
【営業時間】 8:00~20:00
【定休日】 不定休
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 秦野市を中心とした神奈川県全域と静岡県一部地域
         ※ご要望があれば全国どこでもご対応いたします

一覧ページに戻る